2021年06月03日

様々なスタイルの中から選べます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では親族や友人などお世話になった関係者が参列します。そして故人の冥福をお祈りするのが一般的な葬式です。近年では通常のスタイルに加えて新しいスタイルが生まれました。特徴やメリットはそれぞれなので自分たちや家族にあったスタイルを選ぶことが大切です。特に増えてきたのが家族葬です。決まった定義はありませんが、家族や親族のみで行います。親しい人だけで見送りたい人が多くなっているので、家族葬が増えています。

2021年05月21日

葬式をするときに知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族が亡くなると自然と葬式のことを考えますが、事前に知っておいたほうがいいことがあります。故人を供養するときに欠かせないことになので、後悔しないためにも知識を予め深めておくのは大切です。何よりも知っておいたほうがいいのが費用であり、どのぐらいの費用が必要になるのかを把握できていないと大変なことになります。葬式のスタイルや規模にもよりますが、最低でも10万円以上は必要になると考えておいたほうが安心です。

2021年04月24日

一般葬を行う上で把握しておくべき特徴や費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀を行うのは残された遺族側であり、生前希望などがなければ遺族が様々な事を決める必要があります。日本において仏式タイプが多くありますが、その中でも一般葬が多く選ばれる葬式の種類の1つとなります。では実際に一般葬はどういった葬儀になるのかですが、まずは通夜や告別式は2日間に分けて行う事が基本となります。通夜と告別式両方とも遺族や親類だけでなく、多くの人が参列する事も出来ます。故人の生前関係のあった友人や知人の他に、仕事でお世話になった人や近所の知り合いといった方でも最後のお別れをする事が可能となっています。

2021年03月30日

プランの費用の何倍もかかります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今ではほとんどの葬儀業者ではホームページ上で様々な葬儀プランとその料金を明記していますが、実際のお葬式ではその金額だけは足りないのは言うまでもありません。というのはお葬式を行うには、日本では遺体を火葬する必要があり、火葬場の使用料金がかかるからです。火葬場の使用料金は各市町村のホームページのどこかに記載されているのですが、葬儀業者のホームページには記載されていません。次はほとんどのご遺族はお寺さんに読経してもらいますが、これもお寺ごとに料金がまちまちになるし、お寺のホームページ自体に掲載されているほうが未だ少ないほうなので、実際に金額を聞くまでは不透明な部分があります。

2021年02月11日

知っておくと便利な葬式のマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訃報はいきなりやってきます。葬式に参列する際、気になるのがマナーになります。たいていの場合、式が終わった後、マナー通りにやれていたかと反省する人も少なくないです。式は何度もやり直すことができないからです。そのため、マナーを知っていてもうまくできるか分かりません。とはいえ、死者を悼むための式であり、死者を悼む気持ちがあれば多少のマナー違反は考慮されます。服装も必ずしも、喪服を着用しなくても死者を悼んでいれば特にとがめることはありません。